SSブログ

オランダ語のしくみ [しくみシリーズ]


オランダ語のしくみ

オランダ語のしくみ

  • 作者: 清水 誠
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本




 オランダ語。
 うーん失礼ながらこれはドイツ語ではないでしょうか(元々はドイツ語の一方言だったそうですが)
 でも綴りと発音のシステムとか全然違うし、男性・女性の区別がなくなってるあたりデンマークとか北欧的!

・ Ru+bensだとか切れ目で考えて、長い母音のuか短いuか判断する必要がある
・ g、ch=多分フラ語のr、schも「スふ」:gr、とかどうしたらいいんだか
・ 語末の濁音は澄んだ音に、「前の音が後ろの音のまねをする癖がある」(後ろが濁音だと前も濁る):スラヴにもそんな傾向があった!
・ 国、国民、言語名は英語と同じく大文字表記、曜日名・月名は小文字書き
・ ij(エイ)は一つの文字、元はyの代用(合成するとy)
・ meneer=男性の敬称、mevrouw=女性の敬称:未婚・既婚で区別しない?
・ 「Dag!」で挨拶全部カバー
・ 挨拶には相手の名前を添えるのがエチケット
・ man=男、夫(mijnなど所有詞をつけて)、vrouw=女、妻:「妻」「夫」を表すごく普通の語がない
・ オランダ語は両性名詞と中性名詞!
・ -tje/jeは名詞に「小さいもの」という響きを加えて「かわいいもの」という気持ちを同時に表す、het ijs(氷、エイス)→een ijsje(アイスクリーム、エイシェ)
・ 所有表現に3通り、Jan z'n boek(ヤンの本)oma d'r huis(祖母の家)、「彼の」zijnの弱まったz'n、「彼女の」haarの弱まったd'rをおく
・ 否定語には、名詞の前におくgeenと名詞以外の前や文の最後に置くnietがある
・ 中性単数は、形容詞が変化し定冠詞はhetで仲間外れで(複数は他と同じde)、「私たちの」以外の所有名詞では形容詞は不変
・ een Nederlandse leraar=オランダ人の先生、een leraar Nederlands=オランダ語の先生
・ 動詞はみんな-en、-enをつければ名詞だって動詞にできる
・ 活用は、1単、2単複・3単、1複・2親称複・3複の3くくり
・ 命令と疑問はイントネーションの違いだけで文は同じ
・ U heeeft gelijk.=「あなたは等しく持っている」=「あなたは正しいです」
・ オランダ語にも分離動詞がある!af・slaan(曲がる)、op・geven(諦める)、slaanが2番目に、afが後に残る
・ 未来は、現在形、「gaan(行く)+基本形」、「zullen(will的な)+基本形」
・ 過去は、現在形・「hebben(持つ)+過去分詞」がメインで、過去形(-enの代わりに-te)は物語と回想、非現実と婉曲表現に使う
・ 過去分詞の作り方…動詞の-enを除いた基本形を、ge-と-d/tではさむ:ドイツ語!
・ Morgen schrijft Jan Anne een brief(明日、ヤンはアンネに手紙を書きます)、動詞のあとには「主語」「目的語…に」「目的語…を」と並ぶと決まってる
・ 既知の話題を文の最初に(主語に)、未知の伝えたい情報を最後におく
・ door de tunnel=トンネルを通って、de tunnel door=トンネルを通り抜けて、出来事の経過を捉える前置詞と出来事全体を外からまとめて捉える後置詞
・ あなた(u)やそれ(het)は、目的格になっても変わらない
・ Ik heb het koud=「私はそれを寒く(koud)持っている」→「私は寒いです」、仮主語・目的語なhetを多用
・ 主語が未知になってしまう場合、代わりにerが主語におかれる
・ 21は「een(1)en(と)twintig(20)」のドイツ語方式(英語もseventeenなんかはそう)、単純に右から書いていく:確かに合理的なのかも
・ 時刻は北欧式、「7時半は7と8の間、文字盤を12等分した8個目の上に乗っているから」:確かに…!
・ uur(時間)、jaar(年)などは複数形にならない、でも0℃はnul graden(<graad)で複数


 このオランダ語書かれた方の説明はかなり分かりやすかった。ドイツ語式数や北欧的時間に納得しちゃったし!
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 1

すぐる

私もオランダ語の本を買って勉強しました。"g"とか"v"の発音って実際にどんなふうに聞こえるんだろうと気になったのがきっかけです。

女性の敬称mevrouwは現在既婚・未婚を区別せず使われるようになったようですが、昔は未婚女性の敬称としてjuffrouwがありました。
これと関連してちょっと日本語の敬称に関する私の意見を述べます。男子を「君」、女子を「さん」で区別するのは好きじゃないです。「さん」は男女ともに使える一般的な敬称ですが、特定の場合に限って男子は「君」で、女子にはそのまま「さん」を使うのは不公平だと私は思います。たとえ昔のようにjuffrouwを使っているとしても、オランダ語のほうがましです。女性にmeneerをつかったり、男性にmevrouwやjuffrouwを使うことはありませんから。
by すぐる (2010-12-30 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

ノルウェー語のしくみ日々暇 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます